「ほっ」と。キャンペーン
タグ:虎之介 ( 5 ) タグの人気記事
最愛の彼氏・虎之介編最終章
腎不全で痩せてしまった虎っち・・・
私達が弱気になってはいけないと、つとめて普通に接していました。

点滴を始めて1ケ月後・・・

胸騒ぎがする私は、その日初めて、看病について妹と口論しました。
お互い疲れていたのでしょう。
妹に夜の点滴交換を頼んで、次の日仕事だった私は
夜遅くに布団に入りましたが、なかなか寝付かれず・・・
暫くすると、妹が私の部屋へ来ました。顔をぐしゃぐしゃにして・・・

1999年10月2日午前2時40分。
虎之介は逝ってしまいました・・・私達を残して。

ちょうど妹が結婚する1ケ月前。
我が家全員で見送ることができたのがせめてもの救いです。
T先生も花束を持って駆けつけてくれました。
虎っちに「よくがんばったね。えらかったね。」そう言ってくれました。

火葬して小さくなった(でも骨壷は小型犬用で、でかい)虎っちは
煙とともに虹の橋へ旅立って行きました。

いろんなことを教えてくれた虎っち。
出会えて本当に嬉しかった。
もっといっぱい一緒にいたかったね。ごめんね虎っち。
世界で一番幸せにしてあげるって約束、覚えてるかい?
虎っち、幸せだった?

まだ虎っちのお骨は我が家にあります。
賛否両論ありますが、いまでも側にいたいのが正直な気持ち・・・
毎日のお供えは日課になり、虎っちのいない日々は
もちろん寂しいですが、またどこかで会える気がしてなりません。

本日10月2日 虎之介命日 享年4歳。

d0066176_2052719.jpg

           ↑この写真が最後になってしまいました・・・

次回別編へ!

***虎之介カテゴリを追加***
[PR]
by tonjiru-tonjiru | 2005-10-02 20:54 | ├虎之介
最愛の彼氏・虎之介編第4章
1999年夏。
虎っち(虎之介愛称)の食欲が落ちてきました。
もともと暑いのが苦手だったので、たいして気にしていませんでした。

しかし、大好きな湯がいた鳥ササミも食べなくなり、
ちょうどワクチンをする時期だったので、病院へ。(お正月に行った所)

血液検査をしてもらったところ、虎っち・・・
白血病、エイズ、腎不全発覚!ああ・・・なんてこと・・・

食欲がないのは、腎不全が原因らしく、脱水症状でまたまたそのまま入院(泣)
検査入院し、退院後自宅にて点滴処置を選択しました。
なにより我が家が大好きだったので、入院によるストレスをかけないために。

それから、我が家の戦いが始まりました。
一日中点滴。嘔吐もはげしくなり、体重減少。
毎日病院へ輸液を取りに行き、看病にあけくれました。
なんとか治してあげられるよう、できることはいろいろ試してみたり・・・
ただ、白血病とエイズに関しては、これと言った治療ができないので
発症しないように祈ることしかできません。

担当のT先生は、何かあったらいつでもすぐ電話してくださいと
携帯の番号まで教えてくれました。
本当に有難かったです!

続きは・・・次回最終章で!
[PR]
by tonjiru-tonjiru | 2005-09-28 20:55 | ├虎之介
最愛の彼氏・虎之介編第3章
第1章はこちら   第2章はこちら

Q太郎、けんちゃん、ピーコ、虎之介との幸せな日々・・・

毎日お出迎えしてくれる虎っち(虎之介愛称)は、いつもニコニコしていました。
帰りが遅くなると玄関先まで出て、みんなの帰りを待つように。

私の再就職もうまくいき、我が家は平穏な日が続きました・・・しかし・・・

1998年、大晦日夜。事件勃発!

虎っち顔面血だらけ!!(Q太郎といい、虎っちといい、顔面流血多いなー)
どうしよう!病院休みだよ・・・
とにかく、明日開いてる病院連れていかなくちゃ!タウンページはどこだ~~!!!
必死に探せばあるものです。隣の市にありました!しかも緊急の場合は
時間外OK!ああ、開いててよかった・・・(どこかで聞いたな)

明けて1999年元旦。向うのは初詣ではなく、動物病院。
虎っちの傷を見ると、何かに噛み付かれた感じです。犬か狸か狐か・・・?

正月早々駆け込んだ病院は、この辺では有名な大病院でありました。
診察の結果、やはり噛み付かれた傷で、左眼の下と顎の下に
穴があき、口腔に達していたので緊急手術・入院。

次の日、お見舞いに行くと、顔面ハゲ・右腕ハゲ(点滴のため)の虎っちがーーー
手術の説明を受け、しばらくの入院が決定。
毎日通いましたよ。心配で・・・
3日目くらいから一般病棟に移されて、初めて聞いた事が・・・
それは、傷口の穴から水がもれるそうな!
もう一回縫い直し!はぁ・・・
食欲はあるので、ちょっと安心しました。

一般病棟は、いろんな患者(患畜)がいて、長期入院のネコ、
下半身麻痺の犬、みんながんばっています。
それにもましてがんばっているのが看護士さん。
病室の壁には、病棟にいる患者の細かいメモがびっしり貼ってあります。
うんP・しっこの時間と回数。薬の種類と投与時間。
ごはんのメニューと好み。等・・・
妹と虎っちのメモを読んでみると、メモの下の方に
「うまうま」
????????
うーん、何だ?
聞きそびれてしまったので、いまだ不明です。

さてさて、はれて退院した虎っちは、エリザベスカラーがお気に召さず
ふて寝の毎日。
抜糸をして、ハゲが目立たなくなったのは、それから数週間後でした。

続きはまた後日・・・

d0066176_2373468.jpg

            ↑やっぱりここが一番落ち着くにゃ~
[PR]
by tonjiru-tonjiru | 2005-09-20 23:09 | ├虎之介
最愛の彼氏・虎之介編第2章
第1章はこちら
はれて我が家に来た虎之介(愛称虎っち)は
ものすごい甘えっ子だと判明。
さすがに外のパトロールはするものの、家に居るときは
べったりくっついてくる・・・
しっぽはまるでおはぎのように短くて
その短いしっぽを踏まれるくらいの甘えっ子。
Qちゃんとピーコからは総スカンをくらいつつも
マイペースな虎っちです。

慣れてきたところで、健康診断兼予防注射のため
病院へGO!
だいたい1歳半くらいと言われました。
タマタマもしっかりあったので、落ち着いたら虚勢をすることに決定!

虚勢をしていないと、外にでたときケンカが心配です。
案の定、ケンカで手を噛まれ、またまた病院へ・・・
治療とタマ取りをお願いしてきました。

しかし、虎っち、傷口が治ると自分で抜糸!!
一応病院は連れて行ったんですが、
先生「あ~~~消毒だけで大丈夫!手間が省けたね!」
これでケンカはしないかな?なーんて思ってました。

出会った時からこんなになついてくれるなんて、
もしかして運命?
d0066176_23442086.jpg

     ↑ほとんど毎日「お帰り~お腹なでなでして~~~~~」
[PR]
by tonjiru-tonjiru | 2005-09-11 23:48 | ├虎之介
最愛の彼氏・虎之介編第1章
出会いはある日突然でした。
10年前の初秋。

その日妹の仕事はお休みで、無職だった私と
二人でけんちゃんの散歩をしていました。
いつものコースの終わりに差し掛かった畑の真ん中に
猫がいました。

見た目もプクプクしてたので、どこかの飼い猫かな?
それでも猫好きの私達はそばに行き
「かわいいね~~どこからきたの?」となでなで。
うれしそうに目を細めているのがますます飼い猫だろうと思わせました。

次の朝、けんちゃんがおかしい!
いつもなら自分の小屋に入って寝てるのに
その日は小屋には入らず、外で寝ていたみたい。
はて、なんでだ?と小屋を覗くと・・・

昨日の猫がぐーぐー寝てる!
けんちゃんは小さい頃からQちゃんピーコと育ったから
猫大ーーー好きの犬なんです。
もしかしたらこの子迷子?それとも・・・
けんちゃんが呼んだのか?

その日を境に寝食を共にするように・・・
それを見たとーちゃんは大怒り!
「これ以上は面倒みれないこと分かってるよな!」
はい・・・ごもっとも・・・私無職だし・・・
でもでも、迷子かもしれないし、保護ってことではだめ?
ちゃんと飼い主が現れなかったら、里親さがすから
それまでここに置いてやってよ。
それもだめなら、この子連れて家出(いい大人が家出・・・)するぞ!!

すったもんだのあげく、我が家に留まることになりました。
しかし、飼い主は現れず、里親を探すことに・・・
名乗りをあげていただいた方もいたのですが
この時点で手放す気持ちなどなくなっていまして・・・
はれて「虎之介」は我が家の一員になりました!!
d0066176_0151314.jpg

  ↑写真をデジカメで撮ったので見ずらいです。ごめんなさい!

続きはまた後日・・・・
[PR]
by tonjiru-tonjiru | 2005-08-27 23:21 | ├虎之介